船舶免許には、色々な種類があります。各免許の違いがよく分からないという方もいるのではないでしょうか。船舶免許を分かりやすく分類すると、1級免許と2級免許と特殊免許があります。1級免許は、航行区域が一部例外を除いた全ての海域となります。

広いエリアを運行したいのであれば、この1級免許の取得がおすすめです。世界の海を航行したい方にとっては魅力的な免許といってよいでしょう。ただし、取得の難易度が上がります。チャレンジしたいと思っている方は、専門スクールなどでしっかりと勉強しておくことをおすすめします。

ちなみに、この免許で操船できる船の大きさは総トン数20トン未満です。プレジャーボートは24m未満となります。2級免許沿岸より5海里までが航行区域となります。1級免許よりも操船できる範囲が狭くなるのです。

まずはこちらの免許からスタートしてみるとよいでしょう。この免許で操船できる船の大きさは、総トン数20トン未満となります。特殊小型船舶免許は、沿岸より2海里までが航行区域となります。2級よりも、操船できる範囲がより狭くなっています。

ただし、この免許では水上バイクやジェットスキーなどが操船可能です。ちなみに、1級免許や2級免許を持っていても、水上バイクやジェットスキーは操船できません。これらの船を操船したい場合は、必ず特殊小型船舶免許を取得しておく必要があります。このように船舶免許によって操船できる範囲や船の種類が異なりますので、よく確認しておきましょう。

船舶免許のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です