特殊小型船舶免許は水上バイクを操縦するための免許証ですが、岸から2海里以内を走ることのできる免許であり、違反すると1年以下の懲役または50万円以下の罰金となっています。とはいえ、陸上とは違い、海上の2海里を計測する方法がわからないという人も少なくありません。実際に水上バイクを走らせてみた経験を持つ人ならわかることですが、アクセルを全開にして走らせると、時速100㎞を超えることもあります。2海里とは約3.7㎞です。

時速100㎞を超えることができるとはいえ、アクセルをフルスロットルで走らせることは、危険極まりありません。特に注意したいのは定期的に安全に発着できる場所で上陸しなければいけないことですが、あまり知られていないうえに、小型船舶免許所持者の中にはうっかり忘れている人も少なくないのが実情です。15海里ごとに安全に発着できる場所で上陸しなければならないため、事故が起こらないように注意しながら走れるといいます。安全性に気を付けて水上バイクを走らせることで、法律に違反をせずに乗り降りすることができるのがメリットです。

また、水上バイクのエネルギーなどにも配慮して走らせることができるため、決まりがあることはよいことだという小型船舶免許保持者は少なくないといいます。海の上では一切標識などが存在しないからこそ、スピードの出しすぎや航路を妨げることの内容に慎重に走らせなければならないです。安全に気をつけて走らせることで、水上バイクの楽しさを実感することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です