船舶免許は4種類あり、1級小型船舶操縦士免許と2級小型船舶操縦士免許、湖川小出力限定の2級小型船舶操縦士免許と特殊小型船舶操縦士免許です。これらの区分は操船場所や陸岸からの距離で決められています。1級小型船舶操縦士免許は、外洋まで航行できて本格的マリンスポーツを目指す方に最適です。大海原をクルージングしながらイルカやクジラと出会いたい人や、トロ-リングしながら大きなカジキを狙ってみたい人、また壮大な水平線に囲まれてみたい人などにお勧めで、取得年齢は満18歳以上です。

ボートの大きさは20t未満、プレジャーボートは24m未満で航行区域は全ての区域ですが、100海里を超えて航行する場合は、エンジンの故障などにも対応可能な機関士を乗船させる義務があります。2級小型船舶操縦士免許は、ヨットやフィッシングなどの手軽なマリンレジャーを楽しむ方に最適で、自分で船を操縦して釣りを楽しみたい人や、無人島を探索してみたい人などにお勧めです。ボートの大きさはが20t未満でプレジャーボートは24m未満と1級船舶免許と同じですが、航行区域は平水区域および陸岸から5海里で、取得年齢は満16歳以上です。湖川小出力限定の2級小型船舶操縦士免許は、2級免許よりも乗れる船に制限がかかりますが、湖や川で釣りを楽しむだけという方に向いており、試験も受けやすく遊びが限られている方ならこの資格で充分に楽しめます。

ボートの大きさは総トン数5t未満で取得年齢は満16歳以上です。特殊小型船舶免許はボートの大きさは特殊小型船舶になり、水上バイクやジェットスキーのことを言います。風を切って波の上を駆け抜けたい、気軽にマリンライフを楽しみたい人にお勧めで、航行区域は陸岸から2海里で取得年齢は満16歳以上です。このように用途によって取得する免許が違ってきますので、マリンレジャーに興味がある人はぜひチェックしてみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です