ヨットや小型船など海の上を楽しむための乗り物は多くありますが、乗用車を運転するのと同じように船舶免許が必要です。船を操縦するためには免許を取得する必要がありますが、船舶免許の取得方法自体は2つの方法から選ぶ事が可能となっています。1つ目の手段として受験コースがあり、国家試験に挑戦して合格するという方法になります。試験を受ける会場などは指定機関があるので、自分で独学で学んで試験を受けて合格必要があります。

筆記試験自体は国家資格となるので、難しい試験になるので勉強をしっかり行う事が大切です。受験を行い合格した後に、身体検査や実技試験なども同時に行われる事が多くあります。2つ目の手段として船舶免許を取得するために、学習コースを選ぶという方法です。車の自動車教習所と同じように、船の免許を取得すための免許センターなどがあります。

学校で一定期間の講習を受けることででき、実技なども同時に学ぶ事が出来ます。学習コースでは学校ないで学科修了と実技試験が行われますが、合格することで国家試験の受験が不要にできるのが特徴です。独学で学んで国家試験を受験するか、学校にかよって学科と実技を学び資格を取得するかを選ぶ事ができます。ただし実技などが行われるので、海沿いなどに学校があるのえ通う場合はある程度日数など考慮する必要があります。

受験コースであっても学習コースであってもそれぞれ特徴がことなるので、自分にとって良い方を選ぶ事がポイントの1つです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です