既に小型船舶免許を持っていて、そこから上位の免許を取得する際には免除項目がいくつかあります。まず二級から一級の小型船舶免許へとステップアップする場合、学科の一般科目については免除されます。心得および遵守事項、交通の方法と運航といった受験科目がその対象です。その結果受験する必要があるのは、上級運行のIとIIだけになります。

加えて実技試験も免除対象であり、身体検査と学科試験における上級科目をパスすれば合格という訳です。続いて特殊船舶免許を既に所持していて、二級を目指す場合は学科試験の心得および遵守事項が免除対象となります。これにより学科試験は、交通方法・運航のそれぞれ一般項目から出題される問題を解くこととなります。どちらもマークシート方式であり、足切りラインがあることに注意しつつ受験しましょう。

実技試験に関しては免除項目はなく、通常の試験通り受験してパスしなければなりません。上位とはまた異なる条件ですが、一級・二級を所持している方が特殊小型船舶免許を取得する場合も見ていきます。水上バイクを運転するには必須の資格であり、上位免許を持っている方で検討している方は免除項目をよく覚えておきましょう。学科試験では心得および遵守と、交通の方法の2つの科目が免除対象です。

運航の学科試験は免除とならないため、そちらの試験勉強は行っておくのが必須となります。なお実技試験は水上バイクを用いたものであるため、こちらも免除とはならず通常通り受験してパスする必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です