船舶免許には主に3つの種類があります。一級船舶操縦士免許は、全ての水域でのプレジャーボートの操縦が操船できる最上級船舶免許です。操船できるボートの大きさは、総トン数20トン未満でとレジャーボートは24メートル未満となっています。世界中の海を旅することができますが、条件があり100海里以上を航行する場合は、6級海技士以上の資格を有する人の乗船が必要になります。

スポーツフィッシングや外洋セーリングなどを楽しむことができます。二級船舶操縦士免許は海の普通免許と呼ばれる最も一般的な船舶免許になります。フィッシングやクルージングなどいろいろなマリンプレイを楽しみたい方におすすめです。沿岸区域で20トン未満の船を操縦することができます。

操船できるボートの大きさは、一級船舶操縦士免許と同じで総トン数20トン未満のプレジャーボートは24メートル未満となっています。操縦できる航行海域は5海里以内です。特殊小型船舶操縦士免許は、水上バイクやジェットスキーを楽しみたい方の免許となっています。学科ではマナーやルールの基本を学び、実技では実際に水上バイクを操縦して試験に臨みます。

湖や川、陸岸より2海里以内の操縦が可能になります。この他にも湖ででのバスフィッシングを楽しむためにすすめな、2級操縦士免許などがあります。船舶免許は取得年齢が種類により異なります。また、視力などの身体的な条件等もあるため、事前に確認をしておきましょう。

船舶免許のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です