自動車教習所では、どのような教官から指導してもらうかは重要です。男性の教官か、女性の教官か、教え方が上手かへたか、また、よく問題になるのは怖い教官が多いということで、やはり怖い教官よりも優しい教官の方が良いでしょう。一般の通学の場合は、その都度教官が違うことが多く、その教官にあたるのかわからないことも少なくないのですが、それに対して、免許合宿の場合は同じ教官からずっと指導してもらえることが多いようです。同じ教官から指導してもらえるということにはメリットがあります。

たとえば、教え方が一貫しているのでわかりやすいということがあります。教官にとっても、同じ生徒であれば、教えやすいことでしょう。また時間と共にだんだんと気心もしれてくるので、緊張感が少なくなっていくというメリットもあります。初心者は運転するだけで相当緊張が強いられるものですが、そこに教官との間にも緊張関係があったら本当にプレッシャーがかかって大変です。

しかし、免許合宿では教官と親しくなれるので、その分緊張感も薄らいで楽に練習をすることができるわけです。しかし、その教官があまり良い教官でない場合は、逆に大変になります。もしどうしても気に入らないのであれば、教官を交代してもらえないか頼んでみるのも良いでしょう。ただ、最近の免許合宿が生徒の争奪戦から昔のように怖い、不人気な教官が少なくなりました。

悪い噂がたつと、人が集まりませんから、自動車教習所も意識が随分変わってきているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です